TOP>>健康情報TOP>>セクシャルヘルス>>男性ホルモンと精力減退

セクシャルヘルス

男性ホルモン(テストステロン)と精力減退

年齢とともに減少してしまう男性ホルモン「テストステロン」。 テストステロンは睾丸(精巣)で分泌され、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンと視床下部から分泌される黄体形成ホルモンにより調節されます。 このバランスが崩れてしまうと、テストステロンの分泌に影響を及ぼし、ホルモン低下につながるといわれています。 性力の衰え、集中力の低下、疲労感などがおこる原因の一つとして、このテストステロンの減少が関係しているといわれています。

トンカットアリと男性ホルモン(テストステロン)

減少してしまうテストステロンの対策は?

年齢とともに確実に減少してしまう、男性ホルモン・テストステロン。ではどうすればよいのでしょう?下記の2種類の方法が考えられます。

1.テストステロン含有のなどの医薬品で不足分を補う。
2.テストステロンの分泌を促進させる働きのある成分を積極的に摂取する。

地道かもしれませんが、2の分泌を促進させる働きのある成分を摂取し、自身の生産能力を活性させる対策の方が、からだに無理がありません。

テストステロンの分泌を促進させる働きのある植物

トンカットアリが有名です。トンカットアリは、東南アジアの伝承薬と言われている天然のハーブです。

トンカットアリは、女性の更年期障害にも期待?!

女性は、通常40才半ばころから女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とも呼ばれるホルモンの分泌が急激に減少。
うつ状態やイライラ、不眠症、倦怠感等の不定愁訴に悩まされますが、『トンカットアリ』には、このエストロゲンの急激な減少を抑える働きがある事が解り、女性の更年期障害にも大変良い成果が出ていると言われている。

【トンカットアリ】とホルモン

健康情報のTOPページ



TOP会社概要お買い物方法お支払い方法カゴを見る個人輸入お問い合わせサイトマップ